忍者ブログ

TOUNKY WOOD WORKS Blog

Home > ブログ > 記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

セルフリノベ・Vol.1『お風呂』


前回のブログで新居のセルフリノベーションの予告編のような記事を書きましたが…。

いよいよ本編スタートします!

築年数は不明、空き家になって3年が経過している古〜い一軒屋。

立地条件、土地の広さ、作業場付き、そして家賃。。。

お風呂が付いているだけでもありがたい…のかな??

しかし気になる水回り。

白×水色の配色はさておき、床の部分は正直「お、おぉぉぉう。」と声が出ました。

すのこを置けば問題解決か…?

いやいや、やっぱりお風呂は少しでもキレイなほうがいいかも。。。

こうなったらペンキ塗り替え、そして足元にはタイルを貼るぞ!!と。

一応、電気・ガス・水道というのは専門外の為、不動産屋さんに点検の相談をしてみた所

「大家さんがね、キッチンの湯沸かし器外して、給湯器新しくしてくれるみたい。
 
 お風呂も追い炊きになるってさ!よかったね☆じゃ、あとはガス屋さんと相談して♪」

とのミラクル発言!

しかしバスタブはこのままで穴を空けて装置を付ける為、まずはバスタブを外に出し、

クレンザーで磨いてお日様に当てる。

ガス屋さんにはペンキと床のタイルの作業予定を話し、

キッチンとお風呂は別で工事をしてもらうというまさかの一大プロジェクトに…。

でも、職人さんというのは優しい人が多く、

「自分達で改装?面白そうだね!このスイッチはここにする?こっち??」

「お、キレイになったね。ウチも壁塗り替えようかな。ペンキは水性?油性??」

と、驚く程協力的なのが嬉しかったなぁ。

やっぱりどんな事でも人との関わりって大切ですね。

そんなこんなで完成したのが↓コチラ↓


「なんという事でしょう!!」(某テレビ番組風に)

ペパーミントグリーンの壁と市松模様を意識し貼り合わせたピカピカのタイル。

これで素足でも抵抗なく入る事が可能となりました。

実は当初、市松模様にする予定は全くなく、出来れば細かい柄のタイルだけを敷きたかったのですが…

細かい柄のタイル=3百円ちょっと、無地の紺色タイル=2百円ちょっと

というお値段の差から、「市松にして予算を押さえよう!」という大人の事情な結果に(笑)

しかし新居全体のテーマとなる『昭和モダン』からは外れてないので良しとしよう。。。

作業のほうはというと…画像を撮り忘れてしまいましたが、

床が奥へと傾斜になっている為、高さ調整をしながらのタイル貼り作業にtakeは発狂寸前。

バスタブが設置され、目地というタイルの隙間を埋める作業が終わる頃にはクタクタに。

こうして最初の難関、お風呂のリノベーションが終わりましたとさ。

そして現在の進行状況はというと…。


先週に引き続き、ひたすら珪藻土を壁に塗りまくるヨシコちゃん&ユカリちゃん。

2人の上達っぷりにはビックリ!!

塗る時間も大幅短縮された為、この日で壁塗り作業は終了〜。


も、もちろん私も頑張りましたよ!

『左官3人娘』を結成し、「私達モデルの左官ゴテを販売しようよ!」というビジネストーク含む。

そして今回のtakeはというと…。


キッチンで取り寄せたビンテージの壁紙を貼りはり。(実は内装屋の職歴アリ)


壁紙に糊を塗る作業のアシスタントは、山口工務店の奥方・エコさん。

奥方がいらっしゃったという事は。。。


遂に真打ち登場!!

山口工務店、親方・チャーさん。

「次の現場の日程までちょっとあるから遊びにきたよ☆」

甘えに甘えさせてもらい、ボロボロの縁側の改修をお願いする事に。


そしてこの、身のこなし!

一つの行程がおよそ30分以内という脅威のスピードで、壊す→柱を補強する→波板を敷く。

しかも片付けも同時進行なので、現場下の風景は全く変わらず気付いたら完成。

ユカリちゃんからの「初めてチャーさんを見直した!かっこいい♡」という失礼な黄色い歓声に、

「それ、どういう事?(怒)」とチャーさん。

「だって、いつもお酒を飲んで陽気な所しか見た事ないもん!」…と、バッサリ。

しかしまさか、本職の方までもが手を貸してくれる事態になるとは。。。

本当に恐縮です。

「協力・山口工務店」と世界に発信してもチャーさんが恥じる事のない

ステキな家を造る事が私達夫婦にとっての目標となりました。

今後も気を引き締めて頑張りたいと思います!!




PR

GWありがとうございました♡


嵐のように過ぎ去ったゴールデンウィーク。

今年も沢山のご来店、誠にありがとうございました。

ジョンソンタウンは『王様のブランチ』効果もあり、観光目的で街を散策する沢山の人の姿が。

通りすがりに入店してくださった方はもちろん、常連さん、住人の方々

ハッピーアワーに合わせて連日通ってくれる方などで、ほぼ満席状態の嬉しい毎日。

そして突然のこだま閉店告知を受け、訪ねてくれた友人もいました。

実は5月5日で結婚7周年を迎えた私達夫婦に「おめでと〜!」と、

婚姻届の保証人になってくれた友人がサプライズで遊びに来てくれたり。。。

最近仲良くしてもらっている、大好きなカップルから

「入籍する事になりました!」という嬉しい報告があったり…

最終日には、「閉店するって知って今日しかないから急いで来たよ!」と、

福島から駆けつけてくれた友人まで。

大切な人達が同じ日の同じ時間帯に自分のお店に居るという

まるでクリスマスとお正月と結婚式が一緒になっちゃったような最高の時間。

本当に、こだまカフェをやって良かったって心から思えるゴールデンウィークでした♡


そして…気持ちは「もぬけの殻」の中、

着々と新居のセルフリノベーションが進行しています。

天井の雨漏り疑惑の箇所を修繕したり。。。

え?そこから??と思ったアナタ。

そうなんです。

ここからです(笑)

『部屋の家具を全部TOUNKYにして〜、縁側をウッドデッキにしちゃって〜
 可愛い倉庫とか建てちゃって〜♪』

とかではなく、今後生きてゆく為の必要なリノベーションだったりします。

最近の夫婦の会話は、「冬が来る前に天井に断熱材が入れられればイイね☆」です。

しかし、ちゃんと生活を楽しむ為のリノベーションも考えていますよ。

やっぱり壁は珪藻土!

こだまカフェでも使用している土壁です。

珪藻土は見た目だけではなく、部屋の湿度を調整してくれたり、空気を浄化してくれる万能な素材。

それに、これで少しは壁に厚みが出る為、断熱効果も期待出来ます。

約3年ぶりの塗りぬり作業。またしても助っ人頼みです。


【whirlpool】&【HITOFUKU】のデザイナー兼制作者・ユカリちゃんと

大掃除から(そこから?)2週連続で参加してくれた美容室【Libur】ヨシコちゃん。

クリエイター2人のコラボという贅沢な助っ人♪

珪藻土の粉を水で練る作業に奮闘していた2人からの

「これ、最初から塗るだけだったら楽なのになぁ〜。」というお声に

「塗るだけになってるヤツもあるんだけど、ちょっと高いんだよね〜あはは☆」

「…あぁ。あはは(苦笑)」

なんて場面もありつつ、ペチャクチャと順調に絶賛作業中です。

次回の壁塗り作業も引き続きこの2人が名乗り上げてくれました。

ヨシコちゃんは「皆勤賞狙いたいなぁ〜。」とつぶやく程、情熱は私達以上かも。

本当にありがたいです。

手間ヒマかけてリノベーションって大変だけど、こうして楽しい仲間と共有出来る時間。

私達夫婦を駆り立てるのはそこだったりします。

私は土壁を塗った経験のある人生と、ない人生なら、「経験のある」人生を送りたい。

ただそれだけ。

そんなわけで、次回はお風呂場のリノベーションについて触れたいと思います。

お楽しみに〜!!

こだま3周年!&閉店のお知らせ。


本日、4月23日で私達【こだまカフェ】は3周年を迎えました。
これも皆様の日頃のご愛顧の賜物です。ありがとうございます!!

そして皆様にお知らせです。。。

誠に勝手ながら6月28日(金)をもちまして、こだまカフェを閉店、

7月中旬にジョンソンタウンを卒業します!

これは私達にとって「一つの成功」を意味しています。

今回の撤退に伴い、きっと様々なご心配や憶測が飛び交うかもしれませんが、

ここに記す私の言葉が全ての全貌です!是非最後までお付き合い下さい。

ジョンソンタウンに店舗を構え早3年が過ぎました。

所沢在住の友人から「入間のジョンソンタウンがピッタリだと思うよ!」という情報を受け

住人がテラスでバーベキューをする姿を見て「ここだ!」と即決。

そのまま街を一周して、管理会社のオフィスの下から内見の予約をした2009年・夏の日。

当初はまだジョンソンタウンも新しいハウスの建設中だったり、空き物件もありました。

木工ブランドTOUNKY WOOD WORKSも設立したばかり。

私達は沢山の人に知ってもらえるよう、カフェを併設しながらのんびりと
ジョンソンタウンをエンジョイしようと思っていました。

もちろん大好きなイベント出店も平行して。

お店の改装は全て自分達の手で。

朝から晩まで作業をしていると、最初はご挨拶程度だったご近所さんと急接近。

最初は雑貨屋としてオープンし、毎夜どこかのお家へ招かれ、お花見やバーベキューも♪

カフェをオープンしてからは、入間市に暮らす方を中心にワンちゃん連れの方などで賑わい、
毎日が楽しい出会いの連続でした。

その頃にはジョンソンタウンの
小道の道路も舗装され、全て満室に。

メディアではジョンソンタウン特集が組まれ、
こだまカフェもわずか3年の間に雑誌や書籍、テレビの取材を頂く事に。

イベント出店では「ジョンソンタウンでお店やってます!」と話せば、
興味を持って後日遠方から訪れてくれる人まで。

きっと他の場所だったらありえなかったミラクルの連続!

そして、所沢や川越などの近郊エリアの方から「一緒にイベントやりましょう。」というお誘いまで。

そのイベントがキッカケでこだまカフェに遊びに来てくれた人も数知れず…。

そんな環境で、私達はぬくぬく・のびのびとやらせて頂きました。

しかし、昨年の夏頃から更なる新展開が…!!

初めて雑誌にTOUNKY WOOD WORKSの商品が掲載され、
徐々にTOUNKYとしての活動が忙しくなってきました。

オーダーメイドは常に2ヶ月以上待ち、イベント主催者からの出店のお誘い、
家具、店舗什器のお仕事、商品お取り扱い希望店などなど。
最近では私も工房で仕上げを手伝うようになる程。

takeがカフェに立てる日が激減し、私1人で営業していましたが、
土・日は出店の為お休みを頂く事もしばしば。。。

もちろんTOUNKYブランドをこの場所で成長させる事が大きな目的ではありました。
しかしこんなに早い段階でそんな状況を迎えるとは…。

そして昨年末、私達に一つの答えが。。。

「カフェを閉店してTOUNKY一本でやっていく。」

それでもしばらくは悩みました。

せっかくここまで作り上げたのに、このまま終わらせていいのだろうか??

そしてこの場所を離れるという選択…。

しかし、ジョンソンタウンの中でも好立地なこの場所を、
工房にして土・日閉めてしまうのはとてももったいない。

それならこの場所は、これから夢を叶えたい人に使ってもらう事が最良ではないか…?と。

めでたい決断です!

なので今回はあえて、「卒業」という言葉を使わせて頂く事にしました。

と、閉店までのいきさつはこんな感じです。

そして私達の今後はというと…

運良く同じ入間市内で、「作業場付き一軒屋」を借りる事になり、

その場所で「アトリエ兼事務所」を構える事になりました。

次は店舗というよりは、オーダーメイドや商談の場とし、

商品は卸しや委託のほうに力を入れていこうと思っています。

イベント出店は継続して、「日本全国出店の旅」なんてのも考えています。

しかしまずは…今度の一軒屋が相当古いので、再び改装作業が待っています(笑)

とりあえず、そのセルフリノベーションの様子を今後はブログにアップしていきますね!

こだまカフェの改装、そして今回の改装。。。

ジョンソンタウンで開業し、管理会社の「街作り」というコンセプトに触れ
ボンヤリと…ゆくゆく古いアパートを丸ごと改装してみたいなぁとか
一つの街を自分達で作ってみたいなぁ〜なんて大きな野望も出てきました。

夢はでっかく!!突き進むのみ。

そんなわけで、突然のお知らせとなりましたが、
私達のこれから…。今後とも温かく見守って頂けたら幸いです。

残り2ヶ月。こだまカフェを、そしてジョンソンタウンを全力で楽しみたいと思います。

そして3周年、本当にありがとうございます♪

Special Thanks to 【BLUE CORN】 !!!



ジョンソンタウン内の【BLUE CORN】さんがこの春オーナーチェンジをする事に…。

今までのオーナー夫妻、「チーフ&とみちゃん」は、チーフの故郷・島根県へと移住しました。

これからは家族で自宅を改装しながら、のんびりとカフェを営むそう。

とっても寂しい反面、ご家族と犬5頭&猫2匹に寄り添う生活…ステキだと思います!

よく一緒に飲んだ時に映画好きのチーフが語っていた

「かもめ食堂」や「しあわせのパン」の田舎のカフェの風景。 

それがいよいよ実現するんだなぁ…と♡

だから引き止めるというよりは、早く全貌を見てみたい!という気持ちでいっぱいです。

これからもみんなで応援していきましょうね!


最後に…ジョンソンタウンの父さん・母さんだったチーフ&とみちゃんへ。

今まで本当にありがとう。
ジョンソンタウンの一時代を一緒に過ごせた事、とても嬉しく思います。

見送りの際、気付けば30人以上の人だかりが出来ていたので、
「いってらっしゃい!」という感じで泣く事もなく、正直まだ実感がわきません。。。

チーフ、やっぱり口を開かなければかなりのイケメンだと思います。
YouTubeの疲労を避け、引き続き21時には就寝し、いつまでも健康的なイケメンで居て下さい。

とみちゃん、「クリスマス・イヴのトークライブ」「みつあみ刑事・事件簿」での
ベストキャラクター賞受賞、本当におめでとうございます!

多分とみちゃんを越える人は10年に一度、出るか出ないか…と思われます。

出来ればもう少し笑いのハードルを下げて頂きたかったです。後世の為にも。。。

これからも、お二人のご活躍を期待しています!

以上、「贈る言葉」とかえさせて頂きます。

二人とも大好きです。ありがとう!!

長期滞在で遊びに行くので覚悟して待っててね♡

PAGE TOP