忍者ブログ

TOUNKY WOOD WORKS Blog

Home > ブログ > 記事一覧

『カフェノタビ』出店レポート


再び、遡っての記事になりますが…

4月29日は『カフェノタビ-房総のカフェをささえる手仕事のマーケット-』に出店しました。

第1回目となったコチラのイベント。
天気予報は雨…。小雨中止という当初の予定から一転、当日は晴れ◎
ゴールデンウィークも重なり、お出かけ日和のピクニック日和となりました。

ステージの前ではレジャーシートに座りライブを楽しむ人、
マーケットを散策している人、
入り口の看板や、会場中央の流木のオブジェを撮影する人、
飲食の行列に並ぶ人、などなど、それぞれの時間を楽しむ空間がありました。

そんな中、TOUNKYブースでは出店とワークショップを同時開催!


新緑の中、ステージに向かってひたすら作業をするという、
やはり「ストイック」な当ワークショップ。

後半は参加希望の方が入れ替わり立ち代りだったので
前半クラスの参加者しか撮影出来なかったのが心残りですが、
スタートから受付終了まで、とても賑やかなワークショップとなりました。


完成したスプーンがコチラ。
木材はチーク。
磨きの作業から木目が徐々に顔を出し、オイルフィニッシュで全貌が見えると
参加者から歓声があがります。(何度立ち会ってもこの瞬間が好き♡)


完成画像を撮影させていただいたのはコチラの仲良し親子。

実は長年のお付き合いの友人なのですが、
今回のワークショップを知って、埼玉からホテルを予約し挑んでくれました!
プチ旅行となった『カフェノタビ』、朝から満喫してくれたようです♪

そしてコチラは朝イチで会場を散策して、TOUNKYブースに足を止めてくださったお二人。

「スプーン、作りたいです。どれくらい時間かかりますか?とりあえずご飯食べちゃいます!」

と、イベントの達人とも思える判断力で参加を決めてくださいました。

この内のお一人は、我が家のご近所さんという事が判明!
あのスーパー、またはあの薬局での再会が濃厚です。是非また会いたいです◎

そして撮影は出来なかったものの、今回は小さなお子様の参加が多かったのが印象的です。
紙やすりのみのコースでも、質感のイメージを探求していく作業を楽しんでもらえたようです。

よく、「子供は自由に楽しむほうが良い」という言葉を目や耳にしますが、
私もそう思う反面、「基礎を知り、そこからの自由な発展」という事も大切だと思っています。

毎回ワークショップでお子様に接する中で、「あ!わかった!!」という顔をしてくれる場面があります。
最初は見よう見まねで磨いていても、平面と曲線の違いに気づき、その場所によって使う指の本数までも変わっていきます。

その頃には私を『師匠』というキラキラした目で真っ直ぐ見つめ、
磨き残しのチェックを自主的に要求してくれます。

開始10分で「手が疲れた…」と言っていた子が、スイッチが入った途端1時間以上磨いている事も多々あります。

楽しさというのは、理解の向こう側にあるのかもなぁ。
と、私も学ばせてもらっています。

これが「ストイック・クラス」と言われる由縁かもしれません(笑)
いつか将来の夢ベスト3に、『木工家』が入る日がくればいいな。


そんなわけで、朝からTOUNKYブースにどっぷりハマってしまい…
実は他のお店を見に行けてません…。
(会場にヤギが来ていたのを遠目に見ました。)


気づいたら飲食ブースも完売していた所が多く、
やっと手にした食事がコチラ!


ケータリング・カーで出店していたピザ屋さん♡
車の中のピザ釜で焼きたてを提供してくれます。

ピーク時は待ち時間も多いのでご注意を!

他にも魅力的な飲食出店が沢山あります。
是非、房総エリアのイベントもチェックしてくださいね。

PR

『earth garden"春" in Earth Day Tokyo 2016』出店レポート


かなり更新が遅くなってしまいましたが…
4月23日・24日の二日間、「earth garden"春" in Earth Day Tokyo 2016」に出店しました。

【地球の事を考える日】というテーマで毎年開催されるこのイベント。

私たちは「天然木のある暮らし」を掲げ、参加させていただきました。


お隣りは公私ともに仲良くさせてもらっているGreenbecks Candleのマサくん。

他の現場でも隣りになる事が多い為、気づけば阿吽の一体感。
ブース全体が長屋のようになり大満足でした♪

そしてさすがの大都会。朝から沢山の人々との再会が溢れます。

今回とても感激した出来事がありました。

以前、earth garden"秋"にてネックレスをご購入頂いたお客様が
ご友人を連れて遊びに来てくださいました。

「いつもこのネックレス着けてます!」と、お嫁に行ってしまったアクセサリーと再会。
それだけでも充分嬉しい事ですが…

お客様がTOUNKYアクセの魅力をご友人に力説。
「私も欲しくなってきちゃった…!」とアクセサリーをご購入いただきました。

目の前で、お客様の「口コミ」がご友人の「決断への発展」へ。
鳥肌が立つくらい嬉しくて、不思議なひとときでした。

そしてこちらは、すぐに常連さんの元へと旅立ってしまった新作の木の小鉢。

最後に慌てて写真を撮らせていただきました(笑)

凹凸をつけながら削った所を焼いてボーダー柄にしていくというマニアックな一品。

ミックスナッツやポテトサラダなど、お酒のお供に良いサイズ。
「木の器」の製作にあたり、Take自身の晩酌への熱意がビシバシ伝わるラインナップです。

他にも、以前ご購入頂いたお客様のリピートが目立った今回の出店。

これからも木の温かみを表現出来るお店でありたいと強く感じた二日間でした。

お立ち寄り頂いた皆様、ありがとうございました◎

『まったりマルシェandかずさキャンドルナイト』出店レポート!


先月末の3月26日、今年初めてのイベント出店へ。

4年ほど前に北軽井沢のイベントで出会った
木更津のキャンドルアーティスト、Euphoria(ユーフォリア)さんから、
「キャンドルナイトをやるから出店しない?」と、お誘いを受けたのがキッカケでした。


当日、会場となった公園には昼の部の「まったりマルシェ」に
50店舗という出店者が軒を並べ、ステージではライブやペインティング、紙芝居など
大人も子供も楽しめるコンテンツが盛り沢山。


そして私たちのブースには、初めましてのお客様から
興味津々のご質問が多かったのが印象的でした。

自己紹介がてらに色々なお話をしていたら、あっという間に昼の部は終了。

そして夜の部の「かずさキャンドルナイト」
夕暮れから始まり、ステージの灯りがだんだんと色濃くなった頃、
空には星が出ていました。

3月下旬にしては、あいにくの寒さとなったこの日。
でも、寒さの中でこそ透明な空気の中で光と炎を集中して見れる時間だったと思います。

日没からたった数時間だけの空間演出。
その一瞬の為に尽くすアートはとても美しい。

ステージを必死でカメラに収めるお客様が沢山いました。

レンズを通してシャッターを押す。
これだけでお客様自身もアーティストとして参加しているのではないかと思います。

自宅からほど近い場所で、空間演出を見ることが出来てとても嬉しかったし、
良い刺激を受けました。

都心からたったの60分。
是非みなさまにも体感して欲しいと思います。

そして、都内および都内近郊のみなさま、お待たせしました!
今月4月23,24日「earth garden"春" in Earth Day Tokyo2016」出店します。

みなさまとの再会を楽しみにしています!!

我が家のキッチン・シェルフ

 
友人にはよく、「自宅の家具って全部、takeが作ってるの?」と質問をいただきます。

いつもどう回答していたか定かではありませんが、
この場でキチンと回答するなら「40%くらい…」です。

いつかは100%なTOUNKYハウスを持ちたいと思っていますが、
なんせ引越しの多い私達夫婦。

リビングが12畳になったり、4.5畳になったり、和室になったり洋室になったりします(笑)

なので、現状takeに作ってもらう家具は小ぶりな物がメインです。

画像は6〜7年前に製作の、ローズウッドを使用したキッチン・シェルフ。

「炊飯器とお米を同じ場所に置きたいんだよね…」

と、相談して出来上がったもの。

2段目、3段目の板はスライドで引き出せるように。

指物(さしもの)という日本の伝統工芸の技法で製作している為、
クギやレール等の金具は一切使わず、木材だけを組み合わせたものです。

毎日板を引き出して、お米を計って研ぐ。
年月が経つと引き出す感覚が滑らかになっているのにふと気付き、
最近になって改めて秀逸だなぁと実感したので記事にしてみました。
(完全なる手前味噌ですが…)

さて、今日もご飯を炊きましょうかね。。。

PAGE TOP