忍者ブログ

TOUNKY WOOD WORKS Blog

Home > ブログ > 出店レポート

『GLOCAL HAPPINESS』出店レポート!


11月3日文化の日。
この日は千葉県木更津市で開催された「GLOCAL HAPPINESS」に出店しました。

今年で2回目の開催。
千葉県に移住したての私たちが昨年、初めて千葉県内で出店をしたイベントです。

アクアラインの玄関口という立地に加え、海の見える公園というロケーション。
普段は工房も自宅も里山寄りに構える私たちにとっては、
「海の近くに移住したんだなぁ。」と実感を得る事の出来る場所でもあります。

オーガニックな暮らしを提唱しているこちらのイベントでは、
厳選されたオーガニック製品を使った飲食店や加工品の販売の他、
ステージでは木更津市長を交えたトークライブやマクロビの料理教室も。

木更津市は現在、市のプロジェクトとしてオーガニックを推進する取り組みをしているそうです。
都心から近く、農業に興味を持つ方や子育てがキッカケで移住を考えている方々にもオススメしたい情報交換の場となります。

前日までの雨予報が一転、青空の中カラフルな出店テントと
ジャングルジムのような有機的なオブジェで遊ぶ子供達の姿も。

そして、和太鼓集団「GOCOO&TAWOO」の圧巻のステージ。

朝からイベント終了まで多くのお客様で賑わっていました。
ブースにお立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました。
PR

『earth garden"秋"2016 第12回代々木クラフトフェア』出店レポート!

先週末はアースガーデン@代々木公園に出店しました!

毎年楽しみにしている大規模なクラフトフェア。
お馴染みの出店者さんやお客様など、まるで同窓会のような雰囲気の2日間。
「インタビュー記事みたよ〜!」と遊びに来てくれたお友達も沢山♪

キャンドルストリートという、秋の目玉企画に便乗させていただいた出店場所には、
昼夜問わず賑わう人だかりが…!!

お天気にも恵まれ、奇跡のように暖かかった2日間。
一応用意したストールなどのあったかグッズも最後まで出番なし!


風もなく、ストリート内では終始キャンドルの炎が緩やかに灯っていました。

今回の出店では以前ピアスをお買い上げ頂いたお客様がリピートしてくださったり、
「毎回見ていてずっと欲しかったんです!今日は買います!!」
と、必死にネックレスを選んでくださったり、男性が女性にその場でプレゼントしていたり、
出店者さんが休憩時間にいそいそとお買い上げくださったりと、様々なドラマがありました。

そして、私たち夫婦の私物の数よりもTOUNKYグッズを所有しているヘッズの方達もご来店!


まずは初めてマリッジ・リングをオーダーしてくださったこちらのご夫妻。
今回は寄木のお椀をペアでご購入。
愛車はワーゲンバスのキャンプ好きなお二人、
お椀じゃなくて、私をワーゲンに乗せて連れて行って下さい…。


こちらはフジロックでも3日間通いつめてくださったお客様。
日曜の朝にギリギリ間に合った今秋リリースのピースのお皿。
「家宝にします!」と潔く連れて帰ってくれました。

どうやらヘッズの皆様は今、木の食器ブームが到来しているようです。
もう少しバリエーションが増やせたらなぁと、私たちも試行錯誤しています。

お客様の暮らしの中に、TOUNKYの作品があるという事。
創造して想像する。
それってとても幸せだなぁと、改めて感じた今回の出店でした。

お立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました◎

『かずさキャンドルナイト&まったり夕涼みマルシェ』出店レポート!

 

少し時間が経ってしまいましたが…
先日18日は木更津市のアカデミア公園で開催された、
『かずさキャンドルナイトVol.5 まったり夕涼みマルシェ』に出店しました。

今春3月以来、2度目の出店となったこちらのイベント。

今回は9月開催という事で15:00〜20:00まで、
「キャンドルナイトで夕涼みをしよう!」という趣向でした。

お天気は雨のち曇り予報…。

しかし秋です。『女心と秋の空』とは良く言ったものです。

日中は時折小雨がパラついたものの、
キャンドルナイトが行われた時間には、お月さまが顔を出すというミラクルも!

沢山のお客様が傘を手に、日没を楽しみに時間を過ごしていたのが印象的でした。

千葉に移住して1年。お友達も増えてきました。
そんなおかげ様ゆえ、おしゃべりに夢中で昼間の画像がありません(笑)


久しぶりの夜出店。ランタンの灯りでTOUNKYブースもメルヘン3割増しです。

そして、私たち自身も楽しみにしていた、夜のキャンドルナイト。
ライブに耳を傾けながら、キャンドルを眺めるひととき。

3月に見た時のキャンドルは、寒いながらも乾燥して張り詰めた空気の中、
炎がハッキリとした印象だったのに対し、
今回の夏のキャンドルは、湿度の白っぽさが混じる空気の中でぼんやりと浮かび上がり、
ライブペイントの絵やお月さまと相まって、絵本の中にいるような印象でした。

キャンドルアートも季節によって見え方が変わるんだなぁと、勉強になりました。
これは屋内だったら気づかなかったかもしれない。

そういう学びの時間も、野外イベント出店ならではといった感じです。

こんなちょっぴり夜遊びが楽しめるイベントが増えてくれたらいいな♡
と、こっそり願う秋の夜です。

『FUJI ROCK FESTIVAL'16』出店レポート


今年もフジロックに出店しました!!

今回で20周年を迎えた、日本最大のフェスティバル。
私たちにとっても恒例の一大イベントです。

フジロックといえば、大自然の中での天候勝負!という事もあり、
レインブーツを新調した私。

しかし…まったく出番ナシ!! お天気に恵まれた最高の3日間となりました。

出店のほうは、真鍮作家さん、マクラメ作家さんとの3店舗合同出店。
モビールやプラントハンガー等吊り下げる物が多かったので、天井まで賑やかな雰囲気に♪


お隣では1日3回、太鼓を中心とした楽器のセッション、「ドラムサークル」が開催。
テントの中に入りきれない程の盛り上がりです。


フジロックの最奥地、毎回のんびんりとしているコチラのエリアも、今年は沢山の人!
これも天候のおかげか、「初めてここまで来ました!」という方が多かったのが印象的でした。
常連さんも、「今年、特にすごいですね。他のエリアも人がパンパンです!!」と大興奮。
20周年という節目のお祭り騒ぎを実感しました◎

TOUNKYの出店は今年で6回目。
ありがたい事に、沢山のフジロッカーズが再会を目指して遊びに来てくださる場所となりました。
1年に1度、様々な日常を乗り越え、再び同じ場所に居られる喜び。
そして以前お買い上げ頂いたTOUNKY作品との再会。
中には「3年ぶりにフジロックに来れたよ!」というお客様も居ました。

私たち夫婦にとってフジロックは、出演アーティストを確認するかのように、
「今年は○○さんとまた会えるかなぁ?」と、お客様を思い浮かべる場所でもあります。

今年もお立ち寄り頂いた皆様、ありがとうございました!!

PAGE TOP