忍者ブログ

TOUNKY WOOD WORKS Blog

Home > ブログ > 記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドレッサー


師走真っ只中、あちらこちらでクリスマスとお正月のPRが飛び交う今日この頃ですが…

遡ること11月下旬、オーダーメイドのドレッサーが完成しました。


今回のご依頼は、メイクに特化したものではなく、姿見としての機能性がある事。

簡単な書類を書けるよう、デスクとしての機能も欲しい。
そして、書類を収納する為のA4サイズに適した引き出しも欲しい。

という、オーダーメイド家具ならではのご希望のオンパレード。
「デザインと設計」とってもワクワクする瞬間でもあります。

姿見は引き出しを両サイドに振り分ける事でクリア。

しかしただの姿見ではありません!


TOUNKYらしく、取っ手の部分には三日月を。


鏡の扉を開くと、大容量の収納場所に!!
ビン等の落下防止の為、真鍮の棒が入っています。


そして引き出しはというと…
ぱっと見5段に見えますが、実際は4段。

一番下の引き出しには、A4サイズの書類やノートを縦に収納する事でミッションクリア。

1段目・2段目の表面は栗の木。3段目はアメリカンチェリー、
4段目は全体のベースでもある、ウォールナットを採用。

引き出し部分に色のグラデーションをつける事で、全体の見た目の重厚感をカット。
年月を重ねる毎に、それぞれの木材の変化もお楽しみいただけます。

ちなみに引き出しの内部は全て桐。内側までとても贅沢な仕上がりです。


そして両サイドの引き出しの天板の下から何やら板が出てきます。
姿見の下の板を取り外し、この板の上に乗せると…。

あっという間にデスクの完成!
これで全てのミッション・コンプリート!!

全体幅は約1mなので、日本の住宅事情にもマッチした寸法に収める事が出来ました。
これからこのドレッサーが、お客様の生活の一部になっていくのが楽しみです。


最後は製作風景の一コマ。
くるみ油でオイルフィニッシュする直前。ノミとヤスリで最終仕上げ。

この後の怒涛のオイル作業が私の仕事でした。

出店現場では「のらりくらり」なTOUNKY夫婦に見られがちなので、
たまにはこんなPRもね❤︎

そんなわけで今年も残りわずか。
次回は12月の出店レポートをアップしたいと思います!
PR

『GLOCAL HAPPINESS』出店レポート!


11月3日文化の日。
この日は千葉県木更津市で開催された「GLOCAL HAPPINESS」に出店しました。

今年で2回目の開催。
千葉県に移住したての私たちが昨年、初めて千葉県内で出店をしたイベントです。

アクアラインの玄関口という立地に加え、海の見える公園というロケーション。
普段は工房も自宅も里山寄りに構える私たちにとっては、
「海の近くに移住したんだなぁ。」と実感を得る事の出来る場所でもあります。

オーガニックな暮らしを提唱しているこちらのイベントでは、
厳選されたオーガニック製品を使った飲食店や加工品の販売の他、
ステージでは木更津市長を交えたトークライブやマクロビの料理教室も。

木更津市は現在、市のプロジェクトとしてオーガニックを推進する取り組みをしているそうです。
都心から近く、農業に興味を持つ方や子育てがキッカケで移住を考えている方々にもオススメしたい情報交換の場となります。

前日までの雨予報が一転、青空の中カラフルな出店テントと
ジャングルジムのような有機的なオブジェで遊ぶ子供達の姿も。

そして、和太鼓集団「GOCOO&TAWOO」の圧巻のステージ。

朝からイベント終了まで多くのお客様で賑わっていました。
ブースにお立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました。

『earth garden"秋"2016 第12回代々木クラフトフェア』出店レポート!

先週末はアースガーデン@代々木公園に出店しました!

毎年楽しみにしている大規模なクラフトフェア。
お馴染みの出店者さんやお客様など、まるで同窓会のような雰囲気の2日間。
「インタビュー記事みたよ〜!」と遊びに来てくれたお友達も沢山♪

キャンドルストリートという、秋の目玉企画に便乗させていただいた出店場所には、
昼夜問わず賑わう人だかりが…!!

お天気にも恵まれ、奇跡のように暖かかった2日間。
一応用意したストールなどのあったかグッズも最後まで出番なし!


風もなく、ストリート内では終始キャンドルの炎が緩やかに灯っていました。

今回の出店では以前ピアスをお買い上げ頂いたお客様がリピートしてくださったり、
「毎回見ていてずっと欲しかったんです!今日は買います!!」
と、必死にネックレスを選んでくださったり、男性が女性にその場でプレゼントしていたり、
出店者さんが休憩時間にいそいそとお買い上げくださったりと、様々なドラマがありました。

そして、私たち夫婦の私物の数よりもTOUNKYグッズを所有しているヘッズの方達もご来店!


まずは初めてマリッジ・リングをオーダーしてくださったこちらのご夫妻。
今回は寄木のお椀をペアでご購入。
愛車はワーゲンバスのキャンプ好きなお二人、
お椀じゃなくて、私をワーゲンに乗せて連れて行って下さい…。


こちらはフジロックでも3日間通いつめてくださったお客様。
日曜の朝にギリギリ間に合った今秋リリースのピースのお皿。
「家宝にします!」と潔く連れて帰ってくれました。

どうやらヘッズの皆様は今、木の食器ブームが到来しているようです。
もう少しバリエーションが増やせたらなぁと、私たちも試行錯誤しています。

お客様の暮らしの中に、TOUNKYの作品があるという事。
創造して想像する。
それってとても幸せだなぁと、改めて感じた今回の出店でした。

お立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました◎

アースガーデンとインタビュー裏話。

今月22日、23日に開催される『earth garden"秋” 第12回代々木クラフトフェア』
毎年欠かせないコチラのイベント、今回も出店します!!

そして先日より配布がスタートしたフリーペーパーに
私たちTOUNKY WOOD WORKSのインタビューを掲載していただきました。

WEB版 http://www.earth-garden.jp/shop-craft/51903/

画像はアースガーデンスタッフ、葛原信太郎さんから頂いた、お気に入りの一枚。

まだ暑さの続く8月下旬。
「今回は『自然から学ぶ』がテーマなので、鴨川の工房で取材をさせて下さい。」
というご依頼を頂きました。

「わぁ!いつも手にしているフリーペーパーの取材!?」と、浮かれてみたものの…。

工房はオシャレな山小屋っていうより、昭和のザ・町工場って感じだし。。。
夢を壊しちゃったらどうしよう…。

(高画質のカメラで撮っていただいた、アンティークの扇風機と「機能性重視」の時計&カレンダー)

と、若干の戸惑いもありつつ迎えた撮影当日。

以前、カフェをやっていた時に取材を受けた事もありましたが、
今回はTOUNKYがメイン、そしてインタビュー。

私たち夫婦とアースガーデンのスタッフさん2名で作業台を囲んで、

前半は、「昔のアースガーデンでこんな事ありましたよね?」という懐かしのトーク。
そして、「なぜ鴨川に工房を持つ事になったのか?」というこれまでの経緯。
※ 工房を持つまでの経緯はコチラの記事をご覧下さい。

それから質問をいただいて、こちらが回答していくという形式で本題へ。


実際に質問を受けてみると、最近の私たちという枠の中から、
9年間の活動の枠に頭がシフトします。

作り続けていた定番アイテムへの私たちなりの想いやエピソードを再確認する良いキッカケとなりました。

そしてなにより今回のインタビューは、まだ出会っていないお客様へのPRはもちろん、
今までTOUNKYブースを訪れて下さった方々への「私たちは元気です!」というメッセージでもあります。

沢山の人々が行き交うイベントの中で、沢山のお店の中から足を止めてくださった方。

1日あたり数百人?数千人?の方々と出会えても、なかなか伝えきれない事を
このような場をお借りして発信出来た事にとても感謝しています。

また、長年のお付き合いをさせていただいているアースガーデンのスタッフさん。
毎回顔を合わせていても、会場ではお互いがバタバタしている中、
ご挨拶以外は「晴れて良かったですね!」とか、「風大丈夫ですか?」などなど、
天候についてや設営状況の会話がメインとなってしまう為、
取材とはいえ私たちの拠点となる鴨川の工房でじっくりお話出来た事にも感謝です!

そんなわけで、アースガーデンに向けて制作にも力が入る日々。
当日、皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

PAGE TOP