忍者ブログ

TOUNKY WOOD WORKS Blog

Home > ブログ > 気のまま日記 > 想像と実話。

想像と実話。



「雪が降ってたんだよ〜。」と近所に住む小さな女の子に教えてもらった
今日の始まり。

夕べは冷え込んでいて、早々に寝てしまった私。

あぁそうか、昨日はジョン・レノンの命日だった…。
そんな事をぼんやり考えていた矢先にご来店頂いたお客様。

話の流れで、原発事故がキッカケで福島からこちらに避難してきた事を知る。

ご夫婦のお話はとても貴重な話ばかりだったけど、
印象に残ったのは「ここに来て、差別も受けずにみんな温かく迎えてくれます。」
という、お二人の感謝の気持ちを持つ謙虚さでした。

「話が長くなってすみません…伝えたい事が多すぎるんです。」
と、何度もあやまるご夫婦。

以前「こだまつり」を開催した時にトークライブをしてくれた、
いわき市出身のキャエさんも、「伝えたい事が多すぎる…。」
と慎重にトークの内容を構成していた事を思い出しました。

こうした方達と震災後について語るひととき。
「私には何が出来るんだろう。」と自分と向き合う時間。

『平和』を願う活動を続け、亡くなってしまったジョン・レノン。
今回の震災や原発事故について、どんな意見や表現を持っただろうか?


1人1人の意識と、ただの愚痴とならずに言葉を選んで伝えていく大切さ。
争う事よりも、まずは現状の中で感謝出来る事を探す事。

私なりに学んだ、今日のご夫婦とのステキな出会い。

連絡先を聞くのを忘れてしまったのが残念だけど…
アンテナが同じ方向を向いていれば、きっとまた会える事でしょう。

今年も残りわずか。だけど、1日1日をキチンと丁寧に…!
そんな事を思う今日この頃。




PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP