忍者ブログ

TOUNKY WOOD WORKS Blog

Home > ブログ > ショップ情報 > 草木染めワークショップレポ

草木染めワークショップレポ


更新が遅れてしまいましたが…(ゴメンナサイ!!)
8月22日(日)に行われた、haoniro主宰の草木染めWSのレポートです!

天候に恵まれた今回のワークショップ♪
しかし異様なまでの猛暑の中、ご参加頂いたのは昼の部夜の部合わせて10名。

まずは参加者全員が自己紹介、そして講師haoniroから簡単な行程の説明へ。
最初は緊張もあってか、ぎこちないスタート。。。



今回の染料となった『セイタカアワダチソウ』
その日の朝にhaoniroの2人が暮らす飯能市で刈ってきたばかりの青々とした草。

実は今回のワークショップでは、山や森の深い場所で採れた染料よりも、
身近に生えている一見雑草と思われがちな植物が持つ色素を体感して欲しいという
2人の想いが…。

まだ見ぬ色彩を楽しみに、みなさん黙々と絞りの柄をイメージし、
糸や輪ゴムを結んでいきます。

参加者最年少は小学校6年生の女の子。
小学生最後の夏休みをご両親と草木染めで思い出作り。






『haoniro節』とも言える自然と向き合う真っ直ぐな姿と、
2人の持つ『ゆるゆるオーラ』で場内は次第に和やかな雰囲気に…♪


絞り作業を終えた後はあらかじめ、こだまの厨房でグツグツ煮出していた染料のお鍋に投入。
おしゃべり休憩をはさんで、いよいよ媒染液に浸す作業。

2種類の液に浸して黄色い部分と緑の部分を分ける為、
みなさんかなり集中しています。

あっという間に肉眼で確認出来るくらい色の変化が!!



最後は流水で媒染液を流して、糸や輪ゴムを外して天日干し。
こだまカフェの流木のゲートに、大輪の花が咲いたかのような力作!
参加者からは歓声が上がっていました♪



喜びを噛み締めみんなで記念撮影。
暑さを忘れて頑張ったからこその満面な笑顔★


そしてこちらは夜の部参加の方々の一コマ。


夜は撮影が困難だった為、全行程の撮影が出来ずに残念でしたが、
暗闇の中ライトを照らし、蚊の攻撃にも全く動じず…な
ストイックな写真の撮影に成功しました!

夜の部の方達は、昼の部の方のお手本作品もあってか、
「絞りがイメージに近づいた。」「もう少しこうすれば良かった…。」等、
絞りと媒染の関係の仕組みに近づいていた事に講師の2人もビックリでした。

そんなわけで、終始楽しいムードに包まれていた草木染めワークショップ。
こだまカフェの記念すべき第一弾の体験教室は大成功に終わりました。

ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました!
そして講師、haoniroのひろくん&なほちゃんお疲れさま♪
ステキな時間をありがとう。

最後に…この長時間のワークショップを大人しく見守っていた
杢&さんぽ、お疲れさまでした!

 


街も、人も、犬も、猫も…おだやかに過ごせるこだまカフェでの体験教室。
次回はアナタのご参加お待ちしております!
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP